夢を実現させたい人が今スグやるべき事一つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちわ、浅賀です。

突然ですが、あなたは「やりたくないこと」がありますか?

もしくは「やりたいこと(夢)」がありますか?

私は「やりたいこと(夢)」を始めたつもりが
なかなか実現できずに遠回りした経験があります。

この私の失敗とも言える行動から気づいた
「やりたくないことの明確化」という作業。

本日はこの「やりたくないことの明確化」と
少し聞きなれないことについてお話したいと思います。

やりたいことから遠ざかる現実

私は当時勤めていた会社に不満があり
2007年に起業しました。

当時私はWebサイトを作ることが大好きで

「これで会社の連中に邪魔されることなく
自由に好きなデザインの仕事ができる」

そんな風に考えていました。

が、現実は甘くありません。

ダメな上司、嫌な上司、
規則正しい労働時間からは解放されましたが、

人間関係や納期に縛られることとなり
全く自由がありませんでした。

「やりたいこと」とは程遠く
やりたくないことのオンパレードだったのです。

やりたくないことの明確化

試行錯誤する中で私が考え、とった行動は、

「やりたくないことを明確化させる」

ということことでした。

私がやりたくなかったことリストの一部を挙げると

・合わない客とは付き合いたくない
・合わない人とは仕事をしたくない
・納期に追われる仕事はやりたくない
・アフターサポートはやりたくない
・リンリンうるさい電話に出たくない
etc

独立すると単に「ものづくり」を
するだけで生きていけません。

安定して利益を確保し食べていくために
営業・マーケティングや経理・事務など
全ての業務をこなさなければならないのが現実です。

いままで経験したことのない業務が邪魔をし
「やりたいこと」から遠ざかっていきます。

むしろ「やりたくないこと」が増えていきます。

そのような状況の中で私が考えたことが、
「やりたくないことを明確化」させるということでした。

なぜなら「やりたくないことを明確化」させることで
「やりたいことを実現させるためのプロセスが見えてくる」
と考えたからです。

・合わない客とは付き合いたくない
・合わない人とは仕事をしたくない
・納期に追われる仕事はやりたくない
・アフターサポートはやりたくない
・リンリンうるさい電話に出たくない
etc

こうした「やりたくないこと」を
ひとつずつ撤廃・解決させていくことで
「やりたいこと」ができるようになっていったのです。

やりたくないことの解決法

私が例に挙げた「やりたくないこと」の解決法を
かんたんに記載すると

・合わない客とは付き合いたくない
・合わない人とは仕事をしたくない
→利益につながったとしても、合わない人間から仕事は受けないようにした。
→直感で違和感のある人とは付き合わないことにした。

・納期に追われる仕事はやりたくない
・アフターサポートはやりたくない
→私自身が作業することを辞めた。
(内製なり外注なり他人にやってもらう。)

・リンリンうるさい電話に出たくない
→用件はメールやチャットなど内容のレベルに応じてツールを使い分けるようにした。
→自分は電話に出ない人間だと周囲に印象付けた。(電話があってもメールで返すなど。)

一見すると「それ大丈夫?」と
不安や疑問に思う方が居ると思いますが、
思い切った行動により、
結果的に生産性や効率は上がりました。

そしてなにより
ラクに仕事できるようになりました。

自分がやりたくないことであっても
喜んでやりたいという人もいます。

喜ぶまでではないにせよ
自分に合ってるからと仕事にする人がいます。

自分がやりたいくないことは
撤廃するか、自分以外の人で解決する。

こうして「やりたくないこと」を解決していけば
「やりたいことを実現させるためのプロセス」が
見えてくるのです。

さいごに

「やりたくないこと」と
「やらなければいけないこと」は違います。

例えば子育て全てをやりたくないというのは
育児放棄です。

・育児をやりたくない
・仕事をやりたくない

などといった極端な考えは
責任から逃れるためのダメなラク選びに他なりません。

今回の内容とは掛け離れた意味となりますので
誤解しないでください。

ラクをするといった点においては
以前私が書いた ラクにできることを探して選ぶ
という記事を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*